同僚にiPadのよさを熱く語る!2月21日水曜日。3年生担任の学校の先生の仕事

職員室。

iPadで仕事をしていると、

「先生、iPadで何してるんですかー?」

と、同僚の先生。

「参観で使うスライド作ってるんだよ。」

というやりとりから、iPadが学校現場でかなり使えるということを熱く語り始めました。

iPadで授業の資料が楽に作れる。

絵が描ける。

何回でも作り直せる。

これからの教育現場に役立ついろんな可能性を秘めている。

およそ一時間。まるで、アップルの社員かというくらい熱弁しました。

すると、その先生もめちゃほしー!とワクワクしながら聞いてくれました。

しかし、

「でも、もし転勤したり職が変わったりしてiPadが使えない環境になったら、またアナログに戻れるかなー?」

と、しぶる同僚。

それに対し、

「今、使える環境なんだから、今を大事にしなきゃ!」

と、さらに熱くなる私。

思いが伝わったのか、早速帰りに買いに行く気満々でした。

アップルから感謝状来ないかなー^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です