35人学級よりGIGAスクールより「体づくり」

先日、姿勢・体づくりの大切さについて講習を受ける機会がありました。

子どもの姿勢を見直す機会となりました。以下、メモをした内容です。

・体を支えるには、筋肉が必要。

・体を支える筋肉がついていないと、45分間座り続けるのは難しい。

・座れないと、集中できない。

・正しい姿勢は楽な姿勢ではない。

・楽な姿勢は筋肉を使っていない。

・人間は楽なものに流される生き物である。

・姿勢がえんぴつの持ち方にも影響している。

・発達段階でつけなければならない筋力があるが、つけずに成長している子が多い。

・猫背は、内臓を圧迫している。

・猫背では横隔膜がうまく機能ないので、浅い呼吸になる。

・浅い呼吸だと、うまく体に酸素がまわらない。

・酸素が体にまわらないと、自律神経にも影響。

などなど、驚きの連続でした。

これは、子どもだけの問題ではなく、現代人の問題だなと感じました。

いろいろな取り組みが学校に降りてきていますが、体づくりを軸にした学校づくりが一番必要な気がしています。

夜ふかしを防ぐには、日中に疲れさせることが大事

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です