授業時間は守る

子どもは休憩時間を楽しみにしている

子どもたちは休憩時間を楽しみにしています。

そんな子ども達にとって、チャイムが鳴った後の授業の話なんて、ほとんど聞いていません。

だら〜っとした雰囲気を作るより、時間にビシッと終わって、メリハリがある方が教師も子どもも気持ちいいと思います。

「どうしてもここまで進みたい!」

という日もありますし、その気持ちもわかりますが、スパッと終わった方が案外次につながるかもしれません。

子どもと約束を

「先生は時間を守ります。授業時間をのばすことはありません。だから、みんなも始まりのチャイムを守ってください。」

この約束があるだけで、子どもたちは時間を守ってくれます。

どうしても授業がのびた場合は、素直に「ごめんなさい!」と誤ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です