「感情を整える片づけ」を読んですぐに実践できること

前回紹介した「感情を整える片づけ」。風水と密教を学ばれた種市勝覺さんの本です。風水と密教の考えをもとに片づけをすると、人生も好転するという本です。読み進めて行くうちにいろんなことに気づかされます。

心に響いたのは、「うまくいかないときは、一人で抱え込まずに他の力(他力)を快く借りる。」です。

風水を生活に取り入れて、自分をよくしていこうとすること自体、他力を借りていることになります。

私は今まで自分の力で解決していかなければいけないと思っていた節があったので、ストーンと腑に落ちました。遠慮せずに他力(風水の力)を借りていこう!

風水を実践することで環境の力を味方にし、背中を後押ししてもらう。

簡単にできることとして、本に書いてあった通り、まず家の電気を電球色に変えました

昼光色だったのですが電球色に変えると、温かみのある色になり、リラックス効果があります。実際変えてみると、いい!一気に居心地が良くなったのを実感しました。

もう一つは、観葉植物を飾るです。

環境浄化作用があるそうです。イミテーションでもいいということなので、思い切って光触媒での消臭効果があるものを購入しました。

これも、置くと思わず「いいや〜ん」とつぶやいてしまいました。

部屋に気持ちのいいものを置く。

知らず知らずにそれらのいい効果が潜在意識に蓄積されていくんだーと思いました。

気持ちのいい新年を迎えて、3学期を楽しく乗り切りたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です