「本音で生きる 堀江貴文」を読んで、新年新たなスタートを切る!

年末、実家に帰る途中、コーヒーを買おうとコンビニによりました。

「実家に帰っても暇だし、何か本でも買おっかな。」

そう思って雑誌コーナーにいくと、堀江貴文さんの「本音で生きる」という本が目につき、購入。軽い暇つぶしくらいにしか思ってませんでした(堀江さん、ごめんなさい)。

本音で生きる 堀江貴文

読み進めていくと、本のタイトル通り、ズバズバ本音で話を進めていきます。

「なぜやりたいことがあるのに、やらないのか?」

「できない理由を探して、いいことがあるのか?」

書き方はキツ目ですが、やりたいことがあるのに一歩踏み出せない理由や踏み出し方を、堀江さんの言い方でグイグイ書かれてあります。

もう、一気に読んでしまいました。

本音で生きるためにまずすること「言い訳をやめる」

中でも、「やりたいことがあっても、何かと言い訳をつけてやらないのは意味がわからない。」というところには、ハッとしました。

お金がないという言い訳→やる気があればお金は関係ない。できる方法がいくらでもある。

時間がないという言い訳→時間がないと言っている人は、現状のまま新しいことをしようとしているので、結局今の現状を捨てきれない。

才能がないという言い訳→自分には才能がないと言って何もしないのではなく、何か動き出さなければ始まらない。

やってみないと自信はつかない

とにかくいろいろやってみることが大事。成功すれば自信に繋がるし、やってみて失敗もすることがあるが、それもやってみなければわからない。

新年新たなスタートを切るときに、とても参考になる本でした。自分にブレーキをかけず、いろんなことにチャレンジしていきたいと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です