5年「三角形の面積 授業」底辺と高さを確認するプリント

底辺と高さの関係を確認しよう

公式を導き出したら、底辺と高さの確認をさせた方がいいと思います。

↓下のプリントを使用しました。↓

それぞれの三角形に底辺、高さに別々な色で線を引きます。

3番や4番のように、回転している三角形は、どこが高さなのかイメージしにくい子どももいます。

方眼を頼りに、垂直の関係を見つけさせます。

余裕があれば、「三角形は平行四辺形の半分」ということを意識させるために、平行四辺形も書き込みます。

↓書き込み例↓

タブレット端末で使用させるのもいいかもしれませんね。

今回の資料は、こちらから!

ご意見頂けたら幸いです。

5年算数「三角形の面積」導入指導実践 ロイロで求め方を考える(2021年度版)

5年算数「三角形の面積」指導の反省。

 

 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です