5年算数「時計と分数」指導実践keynoteを使ってテンポよく!

keynoteでスライドを作りました。

1時間扱いの授業なので、keynoteでテンポよく導入を進めていきました。

先にスライドで一気に進め、後で確認しながらノートにまとめていきました。

記事の最後に、スライドのデータ提供をしています。よければご利用ください。

 

では、指導実践です。

まずは、簡単なところから導入します。

先生「↓長い針が一周まわると、何時間?」

子ども「1時間」

先生「↓そうだね、1時間」

先生「↓じゃあ、半分なら何時間って言えるかな?分数で答えられる人?」

子ども「2分の1時間」

先生「↓そうだね。2分の1時間!」

先生「何分で2分の1時間?」

子ども「30分」

先生「30分は2分の1時間。みんなで言いましょう。」

ここから本題

先生「↓じゃあ、今度は45分。これは何分の何時間?」

子ども「4分の3時間」

先生「1時間を何個に分けた何個分?」

子ども「4つに分けた3つ分。」

4つに分けて確認します。

先生「↓本当だ。4つに分けているね。」

先生「↓この図を見てください。これも45分だよね。」

先生「12分の9。先生は何で12個に分けたと思う?」

子ども「時計だから!」

何とも子どもらしい答えが返ってきました。

先生「↓そうだね。時計の文字盤を利用したんだね。」

先生「↓今度は何で60で分けたのかな?」

子ども「60分だから!」

先生「↓45分を分数でいう言い方を3つ出したけど、どれも間違ってないよね?でも、どれを使うがいいかな?」

子ども「4分の3!」

先生「そうだよね。約分の時にも習ったよね。一番数の小さい分数が…?」

子ども「代表の分数!」

確認問題

先生「↓これは何分の何時間?」

子ども「4分の1時間」

先生「12で分けると?」

子ども「12分の3時間」

先生「60だと?」

子ども「60分の15時間」

先生「3つの分数が出たけど、使うべき分数は?」

子ども「4分の3時間!」

先生「↓じゃぁ次。これは?」

子ども「12分の1時間」

先生「うまく、文字盤を利用したね。60で分けると?」

子ども「60分の5時間」

先生「↓今度はどうだろう?」

子ども「5分の1!」

先生「すごい!確かにこれは5分の1なんです!すぐに見つけられたんだね!60で分けるとどうなる?」

子ども「60分の12」

先生「5分の1がすぐに見つけられない場合は、60で分けるところから始めて約分するといいね」

大事なポイントですが、後でノートにまとめていきます。

先生「↓じゃぁ、次は?」

子ども「60分の27時間。」

先生「いいね!60から考えたね。他の言い方ある?」

子ども「20分の9。」

これでkeynoteのスライドは終わりです。

ノートまとめ

ワークシートを作ってノートに貼らせ、スライドの内容を確認しました。

この後、いくつか練習問題をしました。

ご意見頂けたら幸いです。

スライドやワークシートの資料はこちら!

5年「分数のたし算導入」指導実践 ロイロノートを使って

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です