テストを返す時に注意すること〈テストを受けさせる時のテクニック〉

「テストを受けさせる時のテクニック」第3回目です。

今回はテストを返す時に注意することです。

テストを返した後は答え合わせをしますが、テストを返す前に、机の上を赤えんぴつだけにさせます。

なぜなら黒えんぴつで書いたり、消しゴムで消して直してしまうと、どんな間違いをしたのかわからなくなります。

さらに、もしかしたら書き直して採点ミスをよそおって「点数を上げて」と言ってくる場合もあります。

中には全員のテストをコピーして、記述の記録をバッチリとる先生もいるくらいです。

そうして、答え合わせをしたら

「採点ミスがある場合のみ先生のところに来なさい。」

といって、そのあとに間違いを直した答案を提出してもらいます。ちなみに直しは青ペンでマルをすると、はじめのマルと区別がついて、オススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です