3年算数「はしたの大きさの表し方を考えよう(分数)」指導実践その2(導入)

前回の続きです。

3年算数「はしたの大きさの表し方を考えよう(分数)」指導実践その1(導入)

長くなったので、記事を2つに分けております。

前回は、はしたの意味をおさえました。

今回は、3分の1mの意味を伝えます。

では、実践報告です。

「2分の1メートル」という言い方を知る。

子どもたちに0.5mのテープを見せます。

先生「このはしたの長さは、1mのどれくだいだろう?」

子どもたちは「半分!」とか、「50㎝!」など、言います。

案外と「2分の1」という子がいませんでした。うちのクラスだけかな?

先生「じゃあ、実際に確かめてみましょう。」

と言って、子どもたちに1mテープと0.5mテープを渡します。

準備が大変でしたが、学生サポーターが学校に来てくれているので、準備を頼みました。

渡すと、いろいろと確かめていました。

先生「1mの半分の長さでしたね。どうやって、たしかめた?」

子ども「1mテープを半分に折った。」

子ども「となりの子のはしたのテープをかりてつないだ。」

先生「半分の言い方って2年生で習わなかったっけ?」

子ども「2分の1」

先生「今回は1mの2分の1でした。1mを2等分した一つ分を2分の1メートルと言います。」

3分の1メートルを確かめる。

先生「じゃあ今度はこっちのはしたの長さを確かめてみましょう。」

と言って、0.33mのテープを渡します。

子どもたちはさっきのように折ったりつなげたりして、1mテープの3分の1を確認していました。

先生「今のテープは、1mの何て言えばいい?」

子ども「3分の1メートル!」

このあと、ノートにまとめました。

具体物を渡すと、若干わちゃわちゃするので、大変でした…。

スライドで確認する

このあと、スライドで習ったことを確認しました。

・1問目「2分の1m」

・2問目「4分の1m」

・3問目「4分の1mの場所違い」←これは子どもたちも「え?」ってなっていました。

・4問目「4分の1mの場所違いパート2」

・5問目「5分の1m」

・6問目「5分の1」←1mと書いていないので、5分の1mではない。

・7問目「20分の1m」ちょっとふざけてみました…。

・8問目

「これは、3分の1mっていう?」と聞きました。

3分の1mは、1mを3等分した1つ分だということ、ここで強調します。

先生「これは2mの3分の1だから、3分の1mとはいわないね。」

最後は、

1mを3等分した1つ分を3分の1mと言います。」

と全員で言って終わりました。

 

ご意見頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です