3年算数「かけ算の筆算(2けた×2けた)」実践報告その2

3年算数「かけ算の筆算(2けた×2けた)」実践報告その1

では、実践報告です。

いよいよ2けた×2けたの筆算の仕方を説明します。

先生「前回はいちいち分けて計算したけど、筆算で2けた×2けたを簡単に計算できるようになります。でも、計算の進め方は同じです。」

先生「位をそろえます。」

先生「前回は分けて計算したけど、覚えているかな。」

子ども「12×20と12×3です。」

先生「筆算も同じです。まず、12×3から計算します。」

先生「いくつになりますか。」

子ども「36です。」

先生「前回12×3の次はどんな計算をしましたか。」

子ども「12×20です。」

先生「筆算の時は、20の0を省略して12×2で計算します。」

先生「かける数の2の位置がずれるけど、なれないといけません。」

先生「24の書く位置はここです。なぜだかわかりますか。」

なやむと思いましたが、

子ども「0を省略しているので、本当は240だから。」

と、あっさり答えが返ってきました。

もし、出てこなかったら

「0を省略したから答えが24になっただけど、本当はどんな計算ですか?」

と発問しようと思いました。

先生「最後はたします。」

このあと、類似問題を解きます。

1問ずつ全員で確認しながらていねいに進めていきました。

ご意見頂けたら幸いです。

3 Comments

しょうた

コメント失礼します。
2Commentsと書いているのですが、コメントの内容が見れないのですがどうすればいいのでしょうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です