小学校学級経営のコツ「5年生でもほめほめ活動を!」

ほめほめ活動を5年生でも。

3年生担任の時に行なっていた「ほめほめ」

帰りの会に、友だちのいいところを言い合う活動です。

さすが3年生。

たくさんのほめほめを言ってくれます。

「国語の時間、たくさん手を挙げていた。」

「友だちが、えんぴつをひろってくれた。」

「遊びにさそってくれた。」

「ろうかに並ぶ時、静かに並べた。」

小さい出来事でも、帰りの会の時間がなくなるくらい言ってくれました。

そんな活動を今年の5年生でも…。

新学期が始まってすぐに、

「ほめほめ活動やらない?」

とお願いして見ました。

手が挙がった!

高学年になると、

「照れてなかなか言えないかな?」

と思ったのですが、手が挙がりました!

「今日の学級目標を決める時、どの班も一生懸命がんばっていました。」

すばらしい!

手を挙げた子をほめました。

みんなで拍手!

この1ヶ月、ずっと続けています。

もちろん、なかなか手が挙がらない時もあります。

でも、続けることが大事!

クラスに勢いがある時は、「え?こんなに手が挙がるの?」と思うくらい挙がります。

3年生の時の経験が生きる。

5年生でのほめほめ活動。

3年生の担任をしていなければ、やっていなかったかもしれません。

ただ、高学年にほめほめ活動ができないと思っていたのは、私の偏見だったのかもしれません。

いろんな学年を経験することは、大事だなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です