5年生算数「約分」指導実践報告

では実践報告です。

↓スライドを見せます。

先生「色がついているところの大きさを分数で言いましょう。」

子ども「4分の3」

↓次のスライド。

先生「こうしても同じ大きさだったよね。」

子ども「8分の6だ。」

先生「他に同じ大きさの分数は何だったっけ?」

12分の9や16分の12など、子どもたちに聞いていきます。

先生「同じ大きさの分数って、無限に続きますよね。でも、どれも同じ大きさです。」

さっきの4分の3の図を見せながら、

先生「この大きさを言う時、さっきみんなが言ってくれた分数、どれを使ってもいいよね。でも、どれを使いたい?」

子ども「そりゃ4分の3でしょ!」

先生「何で?」

子ども「だって、数字が小さくてわかりやすいから。」

先生「だよね〜。どの分数も同じ大きさなんだけど、やっぱりシンプルな数字の方がわかりやすいよね。」

まとめます。

先生「数の大きい分数を、できるだけ小さな分数で表すこと約分するといいます。ちなみに、24分の18は、どうずれば4分の3になる?」

子ども「7でわる。」

先生「そうだね。24分の18を約分すると、4分の3になる。みんなで言いましょう。」

子どもたち「24分の18を約分すると、4分の3になる!」

先生「16分の12は、どうすれば4分の3になる?」

子ども「4でわる。」

先生「16分の12を約分すると、4分の3になる。みんなで言いましょう。」

子どもたち「16分の12を約分すると、4分の3になる!」

繰り返して約分の意味を定着させました。

あとは、教科書の練習問題を確認して、計算ドリルをして終わりました。

ご意見頂けたら幸いです。

計算ドリルは全員が満足する使い方で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です