3年算数「あまりのあるわり算」第5時 指導実践報告〈たしかめの式〉

今回は、あまりあるわり算のたしかめの式を指導します。

では、実践報告です。

先生「今日は、その答え、本当にあってるかな〜と、確かめたいときの方法を勉強します。」

問題を出します。

色紙が23まいあります。

1人に6まいずつ分けると、何人に分けられますか。

また、何まいあまりますか。

式と答えを書きます。

23÷6=3あまり5

3人に分けられて5まいあまる。

先生「これ、本当にあってる?」

子ども「あってるよ。」

先生「図で確認して。」

何を今さら感がただよいましたが、かいてもらいます。

先生「本当に23枚だったね。23枚かどうか、確認したい時、式で書くとこんなふうになります。

6×3+5=23

先生「どういうことだと思う?図から説明できる人いる?」

図からだと、説明しやすいです。

子ども「6枚が3人分で18。あまりの5をたして23。」

先生「23÷6=3あまり5の形からこの式につなげることできない?」

わる数と答えをかけてあまりをたすことに気づきます。

先生「答えがあっているかどうか、たしかめたい時は、この方法が使えるね。」

最後にまとめ、練習問題をしました。

23÷6=3あまり5の答えは、6×3+5=23の式でたしかめられる。

ご意見頂けたら幸いです。

3年算数「あまりのあるわり算」第6時 指導実践報告〈あまりを考える問題〉

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です