給食指導「どうせ残すならはじめから減らす。」

子どもはなぜ好ききらいが多いのか

先日、日本料理の料理長の話を聞く機会がありました。

子どもの「好ききらいを」どうすればよいか。

その問いに、料理長の答えは、

「子どもの味覚は敏感。酸っぱいものや苦いものから体を守るよう、本能が遠ざけている。そして、15歳くらいから味覚が鈍くなり、徐々に食べられなかったものが、食べられるようになる。」

とのことでした。

「無理に食べさせることは、ストレスになるし、トラウマになるおそれもある。」

給食指導ではどうか

よく、残さず食べることを目標にすることがありますが、この話を聞くと、子どもに無理に食べさせるのはよくないと、改めて思いました。

苦手な食べものが多い子は、結局時間ギリギリまでねばって、食べられずに残飯にすることが多いです。

それならはじめから減らして、時間内に食べてもらう方が全員幸せです。

↓給食指導の記事は、こちらもどうぞ!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です