3年算数「円」指導実践その1「導入」

実践報告です。

円の授業の導入です。

↓下のスライドを見せます。↓

先生「玉入れをします。どこから投げたい?」

子ども「真ん中かな。」

先生「何で?」

子ども「近いから。」

子ども「近いと命中しづらいから、遠いとことがいい。」

子どもたちは好き好きに言います。

↓次のスライドを見せます。↓

先生「②を見てください。どこから投げたい?」

子ども「やっぱり近いところ。」

子ども「角から投げたら入りそう!」

先生「そっかぁ。人気のある場所なら、取り合いになりそうだね。ケンカにならないように玉入れするなら、どんな形に並べばいいかな?」

子ども「まる!」

子ども「円!」

円という言葉が出ても、「なるほど〜」と軽〜いリアクションに留めておきます。

↓次のスライドを見せます。↓

先生「じゃあ、③のような丸い形でもいい?」

子ども「ちがーう!」

子ども「きれいなまる!」

先生「きれいなまるってどんなん?」

子ども「きれいなんって…。」

子ども「ボールのような…。」

先生「なるほどな〜」

↓次のスライドを見せます。↓

先生「④のようなやつかな?」

子ども「そうそう!」

↓そして、イジワルで次のスライドを…。↓

先生「かごは、この位置でいい?」

子ども「ちがーう!真ん中!ど真ん中!」

↓そして…↓

先生「この位置でいい?」

子ども「そうそう!そこ!」

先生「これだと、何でケンカが起こらないの?」

子ども「真ん中から、距離が全部一緒になるから。」

先生「実は、今日の勉強は、このまるの形についてなんです。さっき言ってくれた、真ん中から距離が全部一緒になってできる形をまるではなくて、円といいます。」

教科書に載っている正しい言葉でノートにまとめていきます。

先生「③の形は、円って言っていい?」

子ども「ダメ。真ん中から距離がバラバラだから。」

円を描く体験をする。

先生「真ん中から全部同じ距離ということをいかして、こんな簡単なもので円がすぐ描けます。」

教科書の後ろについているものさしのようなものを見せます。↓

一人一人にがびょうを渡し、描き方を説明して自由に描かせます。

ノートだけだと貫通するので、教科書を敷いて使わせました。

この作業、結構苦労しました。

針を怖がる子がいたり、がびょうがなかなか刺さらない子がいたり…。

でも、根気強く机間巡視して何とかみんな円を描くことができました。

最後は長さを変えて、楽しく円をぐるぐる描いていました。

導入はここまで。

円のそれぞれの名称は、次回に紹介していきます。

ご意見頂ければ幸いです。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です