子どもに伝えたい「イスに姿勢よく座るちょっとしたコツ」

かかと側が接地していると、姿勢が崩れやすい。

姿勢よく座るには、足のうらのどの部分を接地させるかがポイントだと思います。

これは自分がイスに座っているときの感覚なのですが、かかとが接地していると、姿勢を正すのにかなり頑張らないといけないような気がします。

かかとが接地しているときは、足が直角や伸びているときに起こりやすいと思います。

つま先側を接地させる。

自分はつま先側を接地させると、体を前に傾けやすくなります。

そのためには、足を直角より少し角度をせばめて座ってみます。

すると、自然とかかとがうき、つま先側で接地ができます。

体が前に傾けば、あとは背骨を起こすだけ。

これで少しはラクに姿勢を保てると思います。

けっしてふくらはぎなどの筋肉を使って無理につま先立ちをしないのがポイントです。

ご意見頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です