関西学院初等部学校公開会に行ってきました。

2月17日土曜日、関西学院初等部の学校公開会に行ってきました。

一番のお目当ては、国語のスペシャリスト、森川正樹先生の授業「モチモチの木」です。

幾度となく森川先生の講座に足を運んでおりますが、こうして生の授業をされている姿はとても貴重です。

先生の授業は2時間目。1時間目の公開授業が終わり、さて森川先生の教室に行こうとすると…

すでに長蛇の列!こんな人数が教室に入れるかー!と思うくらい並んでいました!

学校側もそれがわかっているみたいで、教室にはひな壇もあり、しかも、森川先生と子どもたちは授業でマイクを使っていました。

森川先生のよさはたくさんありますが、ひとつは「ユーモア」です。

授業に始まる前に、雑談混じりの先生と子どもたちのやり取りがあるのですが、もう漫才です。

トークが軽快で、子どもたちのよさも引き出しながら進んでいきます。聞いていて飽きません。そこからくる子どもたちの様子も元気そのものでした。

授業は、モチモチの木第5場面でじさまが豆太に何を言ったかを考えさせ、意見を交流しあう流れで進んでいきました。(森川先生は、場面ごとに本文を渡されているので、子どもは続きを知りません。)

意見も活発!子どもを育てないと、あれだけの意見を言える学級はなかなかありません。それが、イヤイヤでなく、率先して参加しているのがすごい!

時間オーバーとなり、「そろそろ終わらないと…。」と言うと、「え〜!まだ続ける!」とブーイング!すごい!

あっという間の45分でした。

いろいろ刺激を受けた今回の学校公開会。

また明日から頑張ろうという意欲がわいてきました。

3 Comments

森川正樹

森川です。公開会へのご参加、ありがとうございます!共に子どもたちがのめり込む授業をもとめて前進しましょう!先生も頑張ってください!
また、ご一緒に・・・。

返信する
黒田 ネコ助

森川先生!
ブログ拝見して頂きありがとうございます^_^
公開授業、とても楽しく参加させていただきました。また、セミナーなど参加させて頂きます。これからもどうぞよろしくお願いします^_^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です