家庭訪問で気をつけたいちょっとした服装のポイント!

バタバタの中で家庭訪問へ!

午前中授業をして、

給食を急いで食べ、

子どもたちをあわてて下校させ、

スーツに着替えて、

午後は家庭訪問!

そんな中、服装に気をつけるのはなかなか難しいです。

バタバタする中で家庭訪問に向かうことも多いですが、そんな中でも最低限これだけは気をつけておきたいポイントを3つ紹介します。

その1 シャツの色は大丈夫?

ジャージで過ごすことが多い中、シャツがナイキやアディダスのままカッターシャツを着てしまうこと、ありませんか?

はでな赤色など着てしまうと、すけてその色が見えてしまうこともあります。

中学生や高校生ならいいかもしれませんが、社会人としてやはり白シャツを着ておきたいものです。

その2 靴下は履き替える

午前中の授業で体育をした後の家庭訪問もあると思います。

汚れた靴下だと、もしかしたら匂いも…。

なので、準備にバタバタすると思いますが、靴下は履き替えておいたほうがいいと思います。

その3 靴はピカピカに!

たとえ少しスーツが汚れていても、靴はピカピカにする事をオススメします!

靴の方が大事!

靴がキレイだと、信頼度が上がるほか、仕事ができるという印象も与えるそうです!

身だしなみが変われば、心も変わる

以上、3つ紹介しましたが、これだけでも保護者の方に対する印象は変わってくると思います。

また、自分自身も身だしなみに気をつけることで、しっかり保護者の方と話をしようという気持ちにもなります。

大変な家庭訪問ですが、身なりを整えて、気持ちよく出発です!

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です