夏休みの絵日記の絵をステキに仕上げるちょっとしたコツ!

絵日記は、壁に飾ります。

夏休み、絵日記を宿題を出されているのではと思います。

多くの先生は、夏休み明けに教室の壁に掲示することが多いです。

授業をしていて、教卓からふとその絵日記が貼られた壁面をながめると、目をひく絵があります。

それは、ある部分を大きく描いている絵の日記です。

  • 花火を見に行ったら、花火だけ。
  • カブトムシを飼ったなら、カブトムシとそれをのぞいている顔だけ。
  • 料理を、手伝ったら手元だけ。
  • 朝顔の観察をしたのなら、朝顔だけ。
  • 野球の練習を頑張ったのなら、ドロドロに汚れたユニフォームだけ。

など、それが全てではないですが、目を引きやすく、迫力を感じます。

どうしても子どもが絵を描く時、全体を描こうとして、ひとつひとつが小さくなってしまうことがよくあります。

ちょっとしたコツで、ステキな絵に仕上がります!

参考にしてみてください!

夏休みの読書感想文をこう書く!初心者向けです!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です