字をていねいに書くのが苦手な子には、前向きになれるような丸つけを。

漢字練習の宿題を出しても、いつも字が乱れている子。

いますよね。

こっちも、

「また、こんな字を書いて!」

と、躍起になって、赤ペンでガシガシなおしをしていきます。

でも、結局なかなか字はきれいになりません。

なので、私は逆にその中でていねいな字を見つけ、その文字だけでも花マルをすることがあります。そうすることで、得意な文字が増えて自信につながるのではと思っています。

字がきれいに書けない、書かない理由はそれぞれあるとは思いますが、なるべくその子が前向きに漢字練習に取り組めるようになって欲しいです。

時間はかかるかもしれませんが、「認められた」「ほめられた」という気持ちをなるべく持たせてあげたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です