文字を書くには、4つの書き方を使い分ける。

子どもたちに書くことを指導する時、「4つの書き方がある」ことを伝えています。

1.ゆっくりていねいに

ひらがなや漢字の練習の時。一画一画、気をつけて書きます。

2.ていねいにはやく

板書などを写す時。ていねいに書きますが、書く はやさにも気をつけます。

3.はやくていねいに

計算など、ぐいぐい問題を解く時。

ていねいより、やや はやさを大事にして書きます。

4.はやく

メモをとる時。

社会見学などで、メモをとる時は、とにかく はやく書かないと、次に進んでしまいます。

 

私は、これらを4月の段階で伝えます。

時々、すべてゆっくりていねいに書こうとする子がいるからです。書くときには技があるということを教えてあげます。

「今はどの書き方で書かないとダメかな?」

「◯◯さん、計算をはやくていねいに書いているね。」

「今、スラスラメモを取っている子、大変すばらしい!」

など、声をかけながら 書き方を使いわけられるようになってくれたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です