3年算数「大きな数」第3時後編 指導実践報告

前回の続きです。

第3時は、千万の位までを指導します。

前編では、千万の位までを知る勉強でした。

3年算数「大きな数」第3時前編 指導実践報告

後半は、位のきまりを見つけていきます。

では、指導実践です。

↑先生「これまで出てきた位を見ていきます。」

↑確認をしていきます。

先生「次の位は何だったかな?」

子ども「十万の位。」

↑先生「そうだったね。」

↑順番に千万の位まで確認します。

↑ 先生「位のきまりについて、何か気づくことない?」

子ども「一十百千が繰り返されている。」

子ども「一万からまた一十百千になっている。」

先生「どこかに線を入れるとわかりやすいね。」

線を入れにきてもらいます。

↑先生「そうだね。ここにいれるとわかりやすいね。」

↑「一」

↑「十」

↑「百」「千」

先生「一の位から読んで見ましょう。」

このあと、「一、十、百、千、万、十万、百万、千万」と、リズムよく読む読み方を指導しました。

↑そして、8ケタの数を用意し、何の位か確認していきます。

先生「矢印の位は何かな。」

ある程度確かめた後、

先生「どうすれば、もっと早く見つけられるかな。」

子ども「線を入れるといいよ。」

先生「どこに?」

子ども「真ん中。」

先生「真ん中だけど、どことどこの間?」

子ども「千と一万の間。」

最後にまとめていきます。

・一・十・百・千が繰り返される。

・4つごとに位が繰り返される。

・千の位と万の位の間に線を入れるとわかりやすい。

など、子どもたちの言葉でつなぎました。

ご意見いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です