3年算数「大きな数」第3時前編 指導実践報告

千万の位を扱います。

第3時では千万の位まで指導します。

いろんな都道府県の市の人口をスライドを使って読んでいきます。

先生「先生の住んでいる市です。住んでいる人は、どれくらいだと思う?」

子どもたちはいろいろ言います。

ちなみにこのスライド、真ん中にはその市にちなんだ画像を貼りました。

今回は、著作権などいろいろあるので取り除いております。

先生「正解はこうです。読める人。」

子ども「七万四百六十九。」

先生「7は何の位?」

子ども「一万の位。」

先生「そうですね。」

確かめながらいきます。

先生「次は、となりの県、奈良県の県庁所在地、奈良市の人口です。お、一万の位を超えたね。何て読むか知ってる人?」

子ども「三十五万九千七百八十二。」

読める子がいました。

先生「正解!みんなで読みましょう。」

先生「1万の位の次は、十万の位といいます。」

先生「次は京都!お、十万の位を超えたね!なんて読むか知ってる人!」

これまでと同じリズムで進めていきます。

先生「十万の位のつぎは、百万の位といいます。」

先生「大阪市の人口です。読める人。」

先生「ちなみに大阪府になると、どれくらいだと思う?日本で3番目に人口の多い都道府県です。」

雑学も入れながら進めていきます。

先生「正解はこうです!読める人!」

子ども「八百八十三万七千八百十二!」

先生「第2位はどこだと思う?」

これはなかなか出てきません。

先生「正解は神奈川県です。数字を読める人!」

子ども「九百十四万五千五百七十二!」

先生「じゃあ、第1位はどこだか知ってる?」

子ども「東京!」

先生「そうです。東京都です。百万の位を超えました。読める人!」

これも読める子がいました。

先生「みんなで読んでみましょう。」

先生「百万の位の次は、千万の位といいます。」

このあと、位のきまりを子どもたちと一緒に見つけていきます。

長くなったので、この次は後編で!

ご意見頂けら幸いです。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です