6年算数「対称な図形」指導実践 点対称のかき方のコツ

点対称を作図するのは難しい

下のような図に、点Oを中心に点対称をかくとします。

まずは、ポイントとなるかどに印をつけます。

「かどをえんぴつでぐりぐりしなさ〜い」

次に、そのぐりぐりに端から順番をつけていきます。

つけた順番通りに、点Oを通って点対称なところに印と順番をつけていきます。

ものさしを使ってもいいし、目もりを読み取らせてもいいです。

あとは、順番通りに点をつないでいくだけです。

もし、順番がなかったら

順番がなかったら、印のつけ忘れがあったり、線を引く時に引き間違いがあったりして、うまく点対称をかくことができない場合があります。

特に、作図が苦手な子は、この印と順番が手助けとなります。

得意な子ほどこの作業をめんどくさがりますが、

「めんどくさい作業も経験!」

として、作業をさせます。

とはいっても、手を抜く子はいっぱいいますけどね〜。

ご意見頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です