3年算数「表とグラフ」第2時実践報告(指導の流れ)

前回の導入では、資料を表に整理し、「正」の字よさに気づくことができました。

3年算数「表とグラフ」導入実践報告

今回は棒グラフが登場します。

教科書では、第2時は棒グラフの読み方がメインになっていますが、私はグラフをかくことと読むことを一緒に指導しました。

では、実践報告です。

今回の流れです。

  1. 前回の復習をする。
  2. グラフをかく。
  3. グラフのよさを知る。
  4. 多い順に並べるよさを知る。
  5. 少ないものはその他でまとめる。
  6. グラフを読みとる。
  7. まとめ

1.前回の復習をする。

前回の導入で行った「毎月1日のたこ焼き屋で何が売れたか」の流れで、今回も「8月1日のたこ焼き屋で売れた商品」を表に整理していきます。

下の絵に書いてある商品をバラバラに読み上げていきます。

2.グラフをかく

先生「今回はこの表を、こういったグラフにしていきます。」

先生「見たことある?」

子ども「国語の授業で出てきたー!」

先生「このようなグラフを何グラフというか知ってる人?」

子ども「棒グラフ!」

国語の「しりょうで分かる小学生のこと」の単元でも棒グラフが出てきました。

先生「ちなみにこのグラフは何のグラフか分かる?」

子ども「7月1日にたこ焼き屋で売れた商品の数」

先生「何でわかるの?」

子ども「書いてあるー!」

先生「横には何が書いてあるかな?」

子ども「商品の名前」

先生「たての数字は何を表しているかな?」

子ども「売れた商品の数」

先生「何でわかるの?」

子ども「かっこの中に単位が書いてある。」

といった具合に、棒グラフにかいてある情報を一問一答で確認していきます。

先生「じゃあ、今日はさっき整理した8月1日に売れた商品を棒グラフにしていくよ。」

ということで、ひとつひとつ確認しながら棒グラフを完成させていきます。

ワークシートを作成しました。

①の方眼にグラフをかいていきます。

3.グラフのよさを知る

先生「グラフがかけたけど、グラフにすることで何かいいことがありますか。」

子ども「表よりもちがいがわかりやすい。」

子ども「パッと見ただけでちがいがわかる。」

4.多い順に並べるよさを知る。

先生「もっとわかりやすくなる方法があります。」

数が多い順に並べたグラフを見せます。

先生「さっきのグラフと何が違うかな?」

子ども「数が多い順番に並んでいる。」

先生「数が多い順番に並んでいるよさは何かな?」

子ども「さらに見やすくなる。」

5.少ないものはその他でまとめる。

先生「ソーダやコーラ、カルピスは数が少ないね。数が少ないものはまとめます。」

以上のことをふまえて、グラフを②の方眼にかきなおします。

先生「まとめたものは、数が他より多くなっても最後にします。」

6.グラフを読み取る。

先生「このように、グラフにするとちがいが分かりやすくなるので、いろんなことに気づくことができます。例えば

子ども「長さが2倍だ!」

あとは、子どもがいろいろと気づいたことを発表していきます。

7.まとめ

先生「今日は棒グラフを学びました。そして、棒グラフのよさも学びました。今日のまとめだけど、『棒グラフにすると』のあとに続く言葉を考えて下さい。」

子ども「棒グラフにすると、ちがいがわかりやすくなる。」

 

これで、今回の授業は終了です。

 

棒グラフという、新しいことを学ぶ中、教え込み中心になりました。

問いを与えることで、棒グラフのよさを考えてもらうことにしました。

ご意見頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です