色鉛筆の使い方指導。ぬることに興味を持ちます!

社会で新聞などを書かせた時、絵も一緒に描きますよね。

「もう少し、ていねいに色をぬってごらん。」

と言って、もう一度持って来させても「う〜ん」みたいな時ありませんか?

教師は、「子どもは色鉛筆をさわる時間が少なくて、使い方をよく知らない。」と言うことを、頭に入れておかなければならなりません。

使い方を知って、きれいに塗ることができるようになると、色鉛筆を使うことをとても気に入ります。

色鉛筆での色の塗り方の基本を教える。

もちろん、いろんなぬり方がありますが、先日教えたぬり方は、

「紙にあたるかあたらないぐらいの力で、同じ場所を何度もぬり重ねる」です。

もう一つは、

「ぬる方向を変える」です。

たてにぬれば、次は横からぬる。そして、ななめから。それだけでも、ぬりムラが減ります。

最後は、ぬり残しがあるところ中心に、整えながら仕上げます。

そうして、何度も薄くぬり重ねることで、キレイにぬることができます。

あとは、子どもたちの工夫

以上、基本を教えたところで、いろんなぬり方を自分なりに見つけていけばいいと思います。

これを教えて、色をぬることに興味を持った子どもがたくさんいました。

「先生、家で色ぬってきたー。」と、見せに来てくれる子もいました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です