森川正樹先生の授業に学ぶ。

2019年2月16日、関西学院初等部の学校公開会へ行ってきました。

毎年足を運んでおります。

↓これは去年の記事です↓

関西学院初等部学校公開会に行ってきました。

今年も森川正樹先生の授業を拝見しました。

教室は超満員!

さすがです。

去年はギリギリに到着し、後方での参観でした。

今年は去年の反省を生かして早目に着いて、何とか前方での参観!

授業は「たぬきの糸車」でした。

子どものふるまいを常に評価

1年生での授業でした。

授業の内容もさることながら、「すごい!」と思ったのは、森川先生の子どもたちへの声かけです。

ずーっと、子どもたちをほめています!

「〇〇さんの立ち方がいいよね。」

「あ〜、今の〇〇なところがすてきだね。」

など、授業の流れを止めることなく、さりげなく子どもたちのふるまいをほめていきます。

そんな声かけに応える子どもたち。

やる気がみなぎっています。

そんなすてきな雰囲気に包まれて、授業が進んでいきました。

自分の学級経営に生かす。

今年は5年生担任。

自分も意識して、子どもたちに声かけしています。

「ろうかに一番に並べたね。」

「元気のいいあいさつだね。」

「いい話し合いができているね。」

「手の挙げ方がきれいだね。」

「いい姿勢で待っているね。」

ほめるというよりも、そのふるまいを認めている感覚で声かけをしていきます。

意識すると、いいところを探すクセもついてきました。

そんな声をかけられると、高学年でもうれしそうです。

ほめられた子の周りの子たちの様子もプラスに変わっていきます。

自分の行動が認められるって、大人でもうれしいですもんね!

手描きイラストが簡単にデジタル化!学級通信などに使えます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です