小学校体育リレー指導⑪「リードの感覚をつかむために」

子どもたちのリードを見ていると、走者がまだ遠くにいるにもかかわらず、あわててリードをとろうとしている様子をよく見ます。

そして、そのままリードをとり続けていると、バトンゾーンから出そうになり、止まってしまうこともあります。

リードをとるタイミングは、案外前の走者と距離が近いものです。

リードをとるタイミングをつかむために、ミニコーンなどを1m間隔に置くなどの工夫をするといいと思います。

そうすることで、リードの感覚をつかむ手助けになると思います。

小学校体育リレー指導⑩「速い子を生かす」

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です