小学校体育リレー指導⑩「速い子を生かす」

勝つには、速い子は長い距離を走る。

足の速い子がバトンをもらう時は、リードはそこそこにバトンゾーンのギリギリでもらい、

パスする時は、バトンゾーン後半で次の子に渡し、長い距離を走らせる。

そうすることで、もしバトンゾーンが20mなら、倍の約40mを足の速い子が走ることになります。

この差は大きい。

そのことを踏まえて、子どもたちに順番を決めさせます。

そして、順番が決まったら各チームで何度も練習する時間を取ることが大切です。

繰り返し練習することで、リードのタイミングをつかんでいくからです。

小学校体育リレー指導⑪「リードの感覚をつかむために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です