小学校体育リレー指導②「バトンは右手もらいか左手もらいか」

リレー指導編その2です。

その1をご覧になっていない方は、こちらをどうぞ!

小学校体育リレー指導①「バトンはなぜ持ち替えるのか」

右手もらいが多い?

小さい頃、小学校で教えてもらったバトンのもらい方は、

「右手でもらう」

でした。

リレーは右手でもらわなければならないとすり込まれたのか、このもらい方が正しいと思ってきました。

いろんな学校で指導してきましたが、圧倒的に右手もらいで教えている先生が多いです。

なぜ右手もらいなのか?

では、なぜ右手もらいなのでしょうか?

理由はよくわからないですが、きっと右ききの人が多いという理由でしょうか。

あと、左手に持ち替えて走っている時、アウトコースから来る選手とぶつかっても落とさないようにかもしれません。

ただ、この右手もらいには大きなデメリットがあります。

右手もらいの大きなデメリットとは

右手もらいだと、トラックの外側を向いてバトンゾーンに立たないといけなくなります。

このことにより、走っているランナーをななめ後ろから確認しないといけません。

インコースに詰める時も大変です。

状況がわかりづらいのに、バックしながら詰めることになります。

これはなかなか難しいです。

よく先生が

「何してるの!早くインコースに詰めなさい!」

と、何度も声かけをしているのを見ますが、それは詰めることを理解できないのではなく、やりづらくてできないのです。

また、インコースに詰めることを口頭だけで伝えて、練習していないのもひとつの原因です。

オススメは左手もらい!

ここまでくるとおわかりだと思いますが、

オススメは左手もらいです。

最大のメリットは、バトンゾーンに立つ時、トラックの内側を向くことができること!

走ってくるランナーが簡単に確認できます。

それはつまり、リードするタイミングが取りやすくなるということです。

そして、インコースに詰める時も、1歩前に出るだけですみます。

ちなみに走者によって持ち手が違うプロのリレーを見ても、大事な最終ランナーは、コーナーを曲がってくる走者を確認しやすいように(本当の理由はわかりませんが)、左手でもらっています。

左手もらいのデメリットとは

ただ左手もらいにもデメリットがあります。

それは、右手もらいの考えを持つ先生、子どもが圧倒的に多いことです。

今まで右手もらいになれた子に、

「今日から左手もらいにします」

といっても、なかなかクセはとれません。

あと、先生全体での共有が必要です。

どの先生も左手もらいの指導をしてもらわないと、学年ごとにもらう手が変わっては子どもも混乱してしまいます。

実際に、私も以前勤めていた学校で左手もらいを実践しましたが、全体で共有するのに3年かかりました。

今の学校では、左手もらいの普及に至らず右手もらいです。

全体の意識を変えるのは、なかなか難しいです。

まだまだ続くリレー指導編!

次回は、バトンのもらい方・渡し方です!

リレー指導編、まだまだ続きます!

小学校体育ハードル指導その8「学習カード」

 

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です