5年算数「多角形と円をくわしく調べよう②」指導実践報告 ワークシート

第2時もワークシートで。

今回も前回と同じでワークシートを使用していきます。

八角形をかく学習です。

今回からコンパスと分度器が必要になります。

ワークシートの左上の八角形を見て、同じものを円の中にかいていきます。

ワークシートには、すでに円をかいています。

これは、全体の作業をなるべくそろえるためです。

コンパスで円をかく作業は、個人差が大きいからです。

では、指導実践です。

先生「今日は、正八角形をかいていきます。円を利用して書いていきます。慣れてきたら、円も自分でかこうね。まずは、半径を一本かきます。」

先生「半径は何本かく?」

子ども「8本」

先生「正八角形だから、半径と半径の間隔は…。」

子ども「等しくないといけない!」

先生「分度器を出しなさい。何度ずつにしようか?」

角度の学習が久しぶりなので、少し考えていましたが、

子ども「直角の間に一本半径があるので、半分で45度。」

本当は、360÷8と答えて欲しかったけど、ここはこれでよしとします。

先生「なるほど、いいね。じゃあ、分度器で45度をはかり、あと7本半径をかきましょう。」

先生「半径を8本かいたら、あとは…。」

先生「つなぐだけ!」

この後、かき方をまとめます。

↑③のところで、

先生「ねえねえ、次は正五角形をかくけど、その時も45°でいい?」

子ども「正五角形の時は、360÷5をする。」

先生「なんで?」

子ども「正五角形は半径が5本だから。」

先生「じゃぁ、正八角形をかくとき、さっきは直角の半分から求めたけど、正五角形のような式で言うと?」

子ども「360÷8!」

先生「それでも45度って求められそうだね。じゃぁ、正十角形なら何度ずつ?」

子ども「360÷10で36度!」

最終的にワークシートは、以下のようになります。

「練習しよう!」のところには、2回正八角形を練習します。

かくのが苦手な子は1回でもよしとしました。

「練習しよう!」が終われば、正五角形・正六角形をかきます。

それでも時間があまった子は、ノートに練習します。

ご意見頂けたら幸いです。

ワークシートはこちら!

 多角形と円-2

多角形と円-の2解答

5年算数「多角形と円をくわしく調べよう③」コンパスで正六角形をかく。指導実践報告

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です