5年算数「直方体や立方体の体積 第2時」体積の求め方!授業で使える教材付き

直方体に1立方センチメートルが何個しきつめられるのか。

前回の導入で体積は1立方センチメートルが何個分かで表すことができることを指導しました。

下のような直方体に「1立方センチメートルの立方体が何個入るか」について、授業を進めていきます。

先生「↓この中に、これだけの1立方センチメートルの立方体がしきつめられるけど、1個1個数えるのは大変だよね。」

先生「↓まず、1だんめに1立方センチメートルの立方体がどれだけしきつめられるのか考えよう。」

子ども「簡単!24個!」

先生「どうやってわかった?」

子ども「たて4cmだからそこに4こずつならべられて…。」

といった具合にあっさり答えてもらいました。

先生「↓そうだね、1だんめには24個しきつめられるね。」

先生「そして、このあとどうする?」

子ども「5cmだから、5だん積む!」

先生「↓なるほど!じゃあ、式は…。」

子ども「24×5=120で、120立方センチメートル!」

といった具合に、計算でしきつめていくことを確認しました。

先生「直方体は1立方センチメートルを1だん目にしきつめたあと、何だんつんだかで求められるね。」

そのあと、直方体の体積を求める公式につなげていきました。

今回紹介した図は、こちらから!

ご意見いただけたら幸いです。