5年算数「直方体や立方体の体積 導入」をシンプルに指導!授業で使える教材付き

では指導実践です。

たて4cm、横5cm、高さ3cmの直方体と1辺が4cmの立方体を実際に作ります。

先生「どっちのかさが大きい?」

これは、答えが分かれました。

ちなみに、「かさ=ものの大きさ」ということを、あらかじめ確認しておきます。

ここでは、どちらが大きいかの答えは出さずに進めていきます。

先生「どちらが大きいか、数値化するとわかりやすいね。ということで、今日は、もののかさの表し方を勉強していきます。」

大きさを比べるための基準「1立方センチメートル」を教える。

↓きっと学校の中を探せば、こんな1立方センチメートルの模型がみつかるはずです。↓

実際に子どもたちに見せます。

「もののかさの大きさは、こんな小さい1辺が1cmの立方体が何個分かで表します。この大きさを1立方センチメートルといいます。」

そして、もののかさのことを体積をいうことも、あわせて伝えます。

先生「1立方センチメートルが2個なら?」

子ども「2立方センチメートル!」

といった具合に確認していきます。

その他にも下のような掲示で1立方センチメートルの何個分かで表すことを確認していきました。

この考えは、4年生の面積の授業とつながっていますね。

直方体と立方体、どちらが大きいか確認する。

ここまでおさえて、最初の直方体と立方体の体積を比べます。

↓この中に、実際に1立方センチメートルの模型をしきつめてあります。↓

机の上にバシャーっと広げて、数を数えます。

先生「直方体は60個、立方体は64個!」

当たった子どもたちはうれしそうです。

このあとはお楽しみコーナー!

このあとはお楽しみコーナーです。

子どもたちに同じ数の1立方センチメートルの模型を渡して、いろいろな形を作ってもらい、ロイロノートに提出してもらいます。

1立方センチメートルのいくつ分かで体積を表すことを楽しんでいました。

ご意見いただけたら幸いです。

今回の記事で紹介した、たて4cm、横5cm、高さ3cmの直方体と1辺が4cmの立方体や掲示物はこちらから!

ご意見いただけたら幸いです。