5年算数「分数と小数、整数の関係」導入指導実践

2÷3をアニメーションで理解する

簡単なようで難しい単元でした。

3分の2を、1÷3の2つ分から考えるというところを、アニメーションを使いながら考えていきました。

ブログの最後にアニメーションの資料(keynotoe)のアップ先を紹介しています。

では、指導実践です。

まずは、「分数の復習」と「3分の1は何?」というところからおさえていきました。

先生「1Lを半分に分けたら少数で何て言うかな?」

子ども「2分の1」

先生「式を言える?」

子ども「1÷2」

先生「分数だと何かな?」

子ども「2分の1」

先生「つまり、0.5と2分の1は同じ意味だったよね。1を2でわった一つ分だね。」

次は3分の1をおさえます。

先生「じゃぁ1Lを3つにわけます。式が言える人?」

子ども「1÷3」

先生「少数で言える?」

子ども「0.3333…わりきれない!」

先生「分数だと?」

子ども「3分の1」

先生「わりきれない時、分数で表すと便利だよね。」

2Lを3つに分ける

先生「1Lを3つに分けたひとつ分は3分の1L。では、2Lを3つに分けた1つ分は分数で何Lと表すのかが、今日の課題です。」

図で見ると、これも3分の1と言えそうで、

子ども「先生、これも3分の1じゃないの?」

という質問が出ました。

先生「3分の1は、1を3つに分けたひとつ分だよね。少数だと0.33…。2Lを3つに分けてごらん?」

子ども「あ、0.66…」

先生「分数は1をいくつかに分けたものが基本になるよね。だから2Lを3つに分けても3分の1Lにはならないね。」

アニメーションを交えながら進める

keynoteで作ったアニメーションを見ながら考えまます。

先生「2Lを3つに分けた1つ分はこう考えます。」

先生「2Lをどうした?」

子ども「1Lずつに分けた。」

先生「それぞれを3分の1ずつにします。」

先生「これで何かひらめかないかな?」

子ども「3分の1の2つ分だから、3分の2!」

先生「その通り!」

先生「2Lを3つに分けた2つ分を考えるとき、1Lずつにして、3分の1Lの2こ分と考えます。」

この後、ここまでをノートにまとめました。

4÷3を考える

先生「じゃぁ、同じように4Lを分けていきます。今度は、4Lを3つに分けたひとつ分にします。」

先生「2Lを3つに分けた2つ分を考えたとき、どうやって考えたかな?」

子ども「1Lずつにして、3分の1Lの2こ分と考えた。」

先生「じゃぁ今度もどうすればいい?」

子ども「1Lずつにする!」

先生「そうすると、考えやすいね!」

まとめる

先生「3÷2=3分の2、4÷3=4分の3。何か気づくことはないかな?」

子ども「え〜と、3は下になって、2は上になる」

先生「そうだね、わる・わられる・分母・分子の言葉を使って説明できるかな?」

などのやりとりをしながら、今回の授業をまとめました。

ご意見いただけら幸いです。

今回のアニメーションのデータはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です