5年算数「倍数と公倍数 第2時」指導実践

5年算数「倍数と公倍数 第1時」指導実践

では、指導実践です。

↓先生「えんぴつを買いました。1束何本?」

子ども「3本」

↓先生「えんぴつ買ったら、キャップがほしくなったので、キャップも買いました。1袋何個入ってる?」

子ども「4個」

↓先生「お!キャップが1個あまるね!だから、えんぴつを買い足しました。」

子ども「今度は、えんぴつがあまるじゃん!」

↓先生「よし、もう一回キャップを買おう!」

子ども「今度はキャップがあまった!」

子ども「エンドレスやん!」

先生「これってぴったりになる時ってある?」

というやりとりをしながら、

↑先生「ぴったりになったね!それぞれの数は?」

子ども「12!」

まとめる

ここで、もうまとめに進みます。

先生「えんぴつは3本ずつ増えて12本になったね。3本ずつ増えて12ということは、12は3の何数?」

子ども「倍数!」

先生「じゃあ、キャップ側だと、12は何の数の何数?」

子ども「4の倍数」

先生「12は、3の倍数でもあり、4の倍数でもあります。このそれぞれの倍数に共通する数「12」を、3と4の公倍数といいます。」

ここまでわずか10分程度です。

ここまでの流れをノートにまとめていきます。

練習問題をする。

まとめを早くむかえることで、練習問題の時間をたっぷり取ります。

繰り返し問題を解くことで慣れさせていくためです。

↓先生「じゃあ、6と8の共通する倍数、公倍数をみつけていきたいと思います。」

↓それぞれ5つくらい書き出させます。

↓公倍数にしるしをつけます。

↓次の問題

↓次の問題「2つ見つかる時もあるね。」

↓次の問題「5つずつ書き出して、見つからない時があるね。」

↓「そんな時は、続けてみよう。」

先生「続けると、公倍数はたくさん見つかるかもしれないね。」

そうして、教科書にある2と3の倍数の数直線を使い、いくつかの公倍数を見つけていきました。

これで終わり!

↓今回つかったえんぴつとキャップの画像はこちらから!↓

倍数(えんぴつ)

ご意見頂けたら幸いです。

5年算数「倍数と公倍数 第3時」指導実践 スライドを使ってテンポよく公倍数の工夫を見つける

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です