5年算数「倍数と公倍数 第1時」指導実践

では、指導実践です。

↓先生「えんぴつが1束あります。何本?」

子ども「3本!」

↓先生「2束なら?」

子ども「6本!」

先生「どうやって6本ってわかるの?」

子ども「3本と3本で6本!」

先生「なるほど!高学年っぽく言うと?」

子ども「3本が2束で6本。」

先生「式は?」

子ども「3×2」

↓先生「じゃあ、3束では?」

子ども「9本!」

先生「どうやってわかったの?」

子ども「3×3=9」

といった具合に、実際にえんぴつの束を黒板に貼りつつ、子どもたちと何本か確認していきます。

↓先生「じゃあ、これは何本?」

一気に貼りました。

子ども「24本!」

先生「1本ずつ数えた?」

子ども「3×8をした!」

先生「そうだね!今日はある言葉を覚えて帰ってください。みんなが、発表してくれたように、3にある整数をかけてできた数を、3の倍数といいます。せーの!」

子ども「3の倍数ー!」

先生「じゃぁ、3の倍数を小さい方から順番に言ってみようか。」

子ども「3!」

先生「え?3にある数をかけるから一番小さいのは2をかけて6じゃないの?」

子ども「先生、3×1があるよ。」

先生「お!その通り!1があったね!」

と、さりげなくポイントを押さえていきます。

先生「じゃぁ、もう一度小さい方から順番に言ってみましょう。」

子ども「3、6、9…」

すると、「27」でピタッと止まります。3の段の九九が「27」までだからです。

先生「あれ?続きはない?」

子ども「30!」

先生「そうだね!30も3で割り切れるから3の倍数だね!ちなみに3に何をかける?」

子ども「10!」

先生「そうなると、3の倍数は無限にあるね。」

そういいながら、もう少し3の倍数を続けて言っていきました。

あとで、0は倍数にいれないことも押さえ、九九にはなかった13の倍数や100の倍数などを練習問題として扱い、授業を終えました。

実際の指導時間は25分くらいだったと思います。

それなら公倍数も一緒に教えようか…とも思いましたが、ここはあせる気持ちをぐっとこらえ、倍数をしっかりとおさえることを大切に終わりました。

たまには早く終わった方が子どもたちも喜びますよね!

ご意見頂けたら幸いです。

↓掲示用のえんぴつはこちら!↓

倍数(えんぴつ)

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です