えんぴつの持ち方を考える・第3回「3本指を生かす」

えんぴつの持ち方を考える・第2回「えんぴつは持つのではなく、○○む。」

3本指を生かすために

字を書くには、たて、横、ななめなどいろいろな方向に線を引かなければなりません。

よくある間違いは、えんぴつをしっかりにぎってしまい、どの方向の線を引くのも5本指を固定したまま書いてしまうことです。

しかし、器用な指は、親指・人差し指・中指の3本指です。

筆運びは、主にこの3本指にまかせます。

残りの薬指・小指は、器用な指を生かすための土台と考えます。

えんぴつの持ち方を考える・第4回「3本指での持ち方」

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です