3年国語「漢字の音と訓」実践報告。指導はスライドでテンポよく!前編

3年国語「漢字の音と訓」の実践報告です。

音と訓の違いをテンポよくスライドで進めていきました。

実践報告です。

クイズ形式で、読み方の間違いを見つけていき、漢字の読み方にはいくつかあるということを確認します。

先生「『今日はちょう早く起きた。』何かおかしいね。何が違うと思う?」

子どもも先生が何を言っているのかわかりませんでしたが、勘のいい子が答えてくれました。

子ども「漢字の読み方が違うんじゃないかな。」『ちょう』じゃなくて、『あさ』だと思います。」

先生「そうだね。漢字の読み方が違うね。『今日はあさ早く起きた。』が正解だね。」

先生「じゃあこれは?」

1問出すと、気づく子がたくさんいました。

子ども「『休み』だ!」

先生「じゃあ、今度はどうかな?」

子ども「えんそく!」

先生「今度はどうかな?」

子ども「なく!」

先生「何で漢字にはいろんな読み方があるんだろうね?」

先生「遠い遠い昔、日本には言葉はあるけど、あるものがありませんでした。何だと思う?」

子ども「うーん、文字かな?」

先生「そう、文字がありませんでした。」

先生「そこで、となりの国、中国で使われた漢字を文字として使うことになりました。」

日本人「この漢字は何?」

中国人「これは、『サン』と言って、後ろの高い土地を表す文字です。」

日本人「なるほど。でも、日本では『やま』と言っているから、日本では、『やま』ということにしよう。」

先生「こうして、『山』には、ふたつの読み方ができました。」

先生「『訓読み』は、やま。『音読み』は、サン。』」

子ども「昔から日本で言われていた言葉は、『訓』で中国の読み方は『音』っていうことだね。」

先生「その通り。だから、訓読みは聞いて意味がわかりやすいものが多いし、音読みはちょっとわかりにくいものが多いです。」

 

教科書にも同じような記述があります。

スライドで確認した後、その部分を音読しました。

スライドで確認した分、理解が早かったように思います。

この後、練習問題をしながら音訓の理解を深めていきました。

その練習問題は、次回の後半へ続く!

3年国語「漢字の音と訓」実践報告。指導はスライドでテンポよく!後編

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です