新学期最初の授業参観で、信頼を勝ち取るためのコツ! 後編

前回の続きです。

新学期最初の授業参観で、信頼を勝ち取るためのコツ! 前編

授業参観のパーツを3つに分けて組み立てることを説明しました。

  1. 普段授業でやっている取り組み(5〜10分)前編をご覧ください。
  2. 本日の課題(20〜30分)
  3. お楽しみコーナー(5〜10分)

後編は、「2.本日の課題」「3.お楽しみコーナー」を紹介します。

2.本日の課題

やはり新学期なので、子どもたちの元気よさを見せたいです。

ということで、リズムがある詩を用意して、音読でぐいぐい活動ある授業をしていきます。

「はしるしるしる」で音読

まどみちおさんの詩「はしるしるしる」がおススメです。

テンポもよく、子どもたちもノリノリで読んでくれます。

一文ずつ先生と交互読み、男女で交互読み、列で順番読み、班ごと…と、いろんなバリエーションで読んでいきます。

そして、慣れてきたらテンポを上げていきます。

すると、子どもたちもそれに合わせようと、必死になります!その姿に保護者の方もついつい笑顔になります。

そのあと

先生「班で読む練習をして下さい。どこが上手に言えるか競争ですよ。」

といって、少し練習の時間を取り、そのあと前にでて発表です。

また、「ひとりで読める人!」と言って、自主的に手を挙げる機会を設けるのもおススメです^_^

3.お楽しみコーナー

最後はお楽しみコーナーです。

先生「せっかくの参観なので、ゲームを用意しました。」

と言って、ゲームに突入です。

あ、ゲームといっても学習に関連したものですよ。

  • よくある図の中に隠れている漢字がいくつあるか
  • 春なので、春にちなんだものがいくつ書けるか
  • ニ画で書ける漢字
  • 三画で書ける漢字  など

こんなゲームをすると、保護者の方もついつい考えてくれます。

子どもたちの答えに、保護者も「あー、なるほどー。」と声をもらす方もいらっしゃいます。

まとめ

以上で、新年度に保護者の信頼を勝ち取る授業参観のコツは終了です。

こうしてパーツで考えると、参観の授業も組み立てやすくなります。

また、自分の鉄板ネタになるので、一度考えると、また次いつかの機会にも使えます。

ご意見頂ければ幸いです。

授業参観や懇談会の記事はこちらもどうぞ↓

授業参観で「かく 川崎洋」の詩を扱いました。楽しく終了!保護者の方にも好評でした!

学級懇談会を充実させよう!学級懇談会成功のコツ。

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です