えんぴつの持ち方を考える・第1回「指の役割・なぜ3本指で持つのか」

えんぴつの持ち方を考える。

えんぴつの正しい持ち方を考えていきたいと思います。

「3本指で持つ」「角度」「筆圧」「姿勢」など、コツはさまざまありそうです。

今回は、指の役割を見て、なぜえんぴつは3本指で持つのか考えていきます。

指には役割がある。

浦安市中央武道館・総合体育館トレーニングルーム ホームページを参考させていただきました。

親指、人差し指、中指は「つまむ」ための指です。器用な指ということになります。

中指、薬指、小指は「にぎる」ための指です。指にパワーを与えてくれます。

これだけで、なぜ3本指でえんぴつを持つのか理解できます。

器用な3本の指を使ってえんぴつを持つ。

日常生活においも、スマホやペットボトルなどを持つ時、3本指中心で持っているということに気付きます。

さらに言うと、親指、中指ではさみ、一番器用な人差し指でバランスを取っているようにも思えます。

この指の役割が、えんぴつの持ち方にそのまま生かされているのですね。

えんぴつの持ち方を考える・第2回「えんぴつは持つのではなく、○○む。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です