5年算数「平行四辺形の面積」第2時 指導実践

公式を覚える

前回の授業で、平行四辺形を長方形に変えて、「たて×横」で求めることを学習しました。

5年算数「平行四辺形の面積」第1時 指導実践

それを踏まえて、今回は公式を覚えていきます。

では、実践報告です。

公式を知る。

先生「前回は、平行四辺形の面積を求める時に、形を長方形に変えて、たて×横で求めることを学習しました。今日は、それを踏まえて、平行四辺形を求める公式を考えていきます。」

前回使った図を、今回も配ります。

先生「長方形で求める時、横の長さは、どこだったけ?」

線を引きに来てもらいます。

先生「たては?」

先生「平行四辺形の場合、本来は横に対するまっすぐなたての線がありません。なので、横を底の辺、底辺としてそして、たての長さは、その底辺に対する高さと言いかえます。」

なんとも苦しい言い換え…。

先生「よって、平行四辺形は、底辺×高さで求めます。」

先生「底辺と高さは、どんな関係でなくてはいけませんか?」

子ども「垂直」

先生「そうだね。長方形のたてと横の関係は垂直だったものね。」

直角の記号をつけます。

底辺と高さの関係を定着させる。

このあと、底辺と高さの関係をプリントを使って定着させました。

①から③までは、どれが底辺でどれが高さか選び、④は、底辺と高さを赤えんぴつで書き込ませました。

これを行ったあと、教科書の練習問題を解いて、第2時を終えました。

ご意見頂けたら幸いです。

↓今回の素材集はこちら↓

5年算数「平行四辺形の面積」素材集

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です