運動会の作文でスローモーションのように思える表現力に思わずうなる!小学校作文指導のコツ15

徒競走の作文をどうしますか?

運動会の作文。

おもしろい作文を書く子がいました。

徒競走の作文。

競技としては、わずか10秒くらいの出来事を、長く思わせるような表現で書いた子がいました。

まるで野球漫画で、

「ピッチャーがボールを投げ、バッターにたどり着くまで1話使ってしまう」

そんな作文でした。

著作権上、原文を載せることはできませんが、

  • もう少しで前のランナーを抜ける時、心の中で思ったこと。
  • 抜いた時に出た小さな一言。
  • 抜いた後、追いつかれそうでこわかったこと。
  • 残りの数メートルが長く感じたこと。
  • 声援は聞こえていたけど、小さくしか聞こえなかったこと。
  • ゴールテープを切った時のこと。

その時の様子を上手に描写していました。

みんなの前で読みました。

拍手が起こりました!

こういった作文が、またみんなのレベルをあげてくれます。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です