5年算数「単位量」1あたりを求める式をゲーム感覚で定着させる

フラッシュカードを使う!

単位量を教えているとき、

「1㎡あたりで求めてみよう」や、

「出てきた答えは1㎡あたり?それとも1ぴきあたり?」

などと聞いても、迷うことが多いです。

なので、1あたりを求める式や、6÷9は何あたりを求めたのか直感で出てくるように、フラッシュカードを使って練習してみました。

ポイントは1つ!

「6㎡で9ひき。1㎡あたりを求める式は?」

と聞かれたら、1㎡と同じ単位の数でわる!です。つまり、9÷6です。

逆に「1ぴきあたりは?」聞かれたら、9でわる。

このことを図でも理解させ、フラッシュカードで練習してみました。

例えば、下のようなフラッシュカードで、

「38÷48は何あたりを出す?」

「1㎡あたりを出す式は?」

など聞いて、答えさせていきます。

対戦にしたら、もっと面白いですよ!

ご意見頂けたら幸いです。

5年算数「単位量 導入」指導実践 ICTを使って。2021年度版

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です