作文を書く時に子どもたちに意識してほしいこと。小学校作文指導のコツ17

ただ書かせてはいけない。

作文を書くのが苦手な子は、さら〜っと書いて提出してしまいがちです。

「書いたら終わり」ぐらいに思っている子もいると思います。

そうならないように、必ず教師は評価していかなければなりませんし、時間があればコメントを書いてあげることも必要だと思います。

また、子どもへは、

「読む人がおもしろいと思ってもらえるように書こう。」

「自分が読み返したくなるように書こう。」

と声かけをしています。

相手を意識して書く。

また、自分も頑張ったなぁと思える作文を書く。

このふたつを意識するだけでも、作文に対する姿勢が少し変わってくるのではと思います。

ご意見頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です